オンライン知財・発明教育システム
e発明塾

本質から学ぶ特許概論

事業で勝つための特許制度のイロハを学ぶ
このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
【講座概要】
事業で勝つための特許の基本的な活用方法、および、他社の意図を見抜くための「特許の読み方」を学ぶ eラーニング講座です。

  • ちょっとしたアイデアも、適切な論理付けにより特許になること
  • 改良特許を出願することの重要性
  • 発明提案書を早く出す/出願日を確保することの重要性
  • 回覧(SDI)公報の読み方
について、「切り餅」「気泡が入らない粘着フィルム/光学フィルム」の事例などを通じて学びます。

特許についての用語を解説した冊子「発明者のための特許用語マスター」付属。

【対象者】
以下に心当たりのある技術者の方
  • 回覧公報を読んでいない、読んでもピンと来ない
  • 回覧公報を読んでどうしたらよいかわからない、どこをどう読めばよいかわからない
  • ちょっとした改良でも発明提案を出せと言われるが、出してどう役に立つのかよくわからない入社 1~3 年目の技術者の方

知財や特許で何ができるか、どこまでできるか、
特許を武器にできる技術者に

特許は、
「出せばよい、わけではない」「読めばよい、わけでもない」。

では、どうすれば……?

“特許権の本質”を知らずして、研究開発は不可能!
  • 特許制度は、全ての企業に与えられた公平なルール
  • 特許は、事業を成功に導くための、経営のツール
  • 研究成果が「狙い定めた」特許となり、武器になる

特許制度を活用し、競合他社を出し抜け!
  • 特許制度を知り尽くせば、「ココ」までできる!
  • 特許の「正しい読み方」を知り、競合他社の意図を暴け!
  • 特許制度の本質を見抜き、自らの「頭脳」の価値を高めよ!

特許公報から、「技術思想」「意図」を見抜き、

「情報戦」で、競合に打ち勝つための特許制度活用法を習得しましょう。
知を武器にする戦い方が身につく
  • 特許制度と、その本質を理解できる
具体的な事例を通じ、特許権はどのような性質を持ち、その本質はどのような点にあるのかを学習します。
事業に使える、武器になる特許を取得するために必要な知識が身につきます。



  • 特許制度をいかに利用するか、を「事業の視点」で学ぶ
特許制度の目的と特許権の本質をふまえ、競合他社に負けずに事業を守り、拡大していくための戦略を事例を通じて考えます。
特許を事業にどう役立てるか、基本的な「特許戦略」の考え方を習得
します。
  • 特許公報を「情報源」として活用できるようになる
特許は企業の数少ない「公開情報」です。
実際の特許公報から、出願した企業の出願意図を見抜く読み方を学びます。
競合他社の技術開発動向、技術戦略や事業戦略を把握することが可能になります。

「e発明塾」の学習方法

e発明塾には、「学習」を「アウトプット」につなぐ教材とプログラムが備わっています。
STEP 1
まずはWEBテキストでインプット
お手持ちのPCより受講サイトにアクセスし、WEBテキストで学習します。

個別学習方式なので、ご自身のペースで「納得いくまで」学べます。
STEP 2
冊子教材に書き込み、知識を定着
Webテキストを閲覧しながら、「ダントツ発明力指南(冊子教材)」に記載されている問いに答え、学習を進めます。

受講後でも冊子教材がお手元に残るので、いつでも振り返ることができます。
STEP 3
付属のワークシートやテストで実践
学んだ内容を業務で実践するための「ダントツワークシート」が付属
自身の研究・開発テーマについて記入し、将来に向けた発明の掘り起こしに活用できます。

また、実力診断テスト・チェックテストもあるので理解度・知識の定着度も確認できます。
STEP 3
付属のワークシートやテストで実践
学んだ内容を業務で実践するための「ダントツワークシート」が付属
自身の研究・開発テーマについて記入し、将来に向けた発明の掘り起こしに活用できます。

また、実力診断テスト・チェックテストもあるので理解度・知識の定着度も確認できます。

学習内容

第1章 企業はなぜ特許を取得するのか

第2章 特許制度を理解する
2-1 特許制度の目的
2-2 発明となる技術と特許要件
第3章 特許権の本質を理解する
3-1 実施の排他権
3-2 技術的思想の保護
3-3 財産権
第4章 特許制度を活用する
4-1 出願日を確保せよ
4-2 守りの特許
4-3 攻めの特許
第3章 特許権の本質を理解する
3-1 実施の排他権
3-2 技術的思想の保護
3-3 財産権
第5章 特許を読む
5-1 特許は企業の「数少ない」公開情報
5-2 特許から基本情報を確認する
5-3 特許から発明を把握する
5-4 特許から権利範囲を確認する
第6章 おわりに(ダントツワークシートに挑戦)

第7章 特許を読む(チャレンジ編)
7-1 権利範囲を比較する
7-2 拒絶理由に対応する
7-3 分割出願を活用する
●別冊付録
「発明者のための特許用語マスター」
技術者の方が知っておくべき、特許に関する100用語を解説した冊子が付属
内容の詳細は、こちらをご覧ください。
第7章 特許を読む(チャレンジ編)
7-1 権利範囲を比較する
7-2 拒絶理由に対応する
7-3 分割出願を活用する

料金・お申込について

●受講料 1名あたり 35,000円+消費税(受講結果報告資料【必要】の場合)

受講お申し込みページにて、「受講結果報告資料【不要】」をご選択の場合は、
1名あたりの受講料を1,000円(税別)値引きいたします。
●標準学習時間 4~8時間
●受講期間 「火曜日」を受講開始日とする、任意の受講期間(4週間)をご指定ください。
●申込期間 「受講開始日の11日前」までにお申し込みください。
(例) 受講開始日が2020年10月6日(火)の場合、2020年9月25日(金)17時がお申し込みの期限となります。
●お支払日 「受講開始日」を基準とし、「翌月20日までのお支払い」をお願いしております。
社内手続きの関係で、期日までのお振込みが難しい場合、お申し込み時にその旨をご連絡ください。
(例) 受講開始日が2020年10月6日(火)の場合、2020年11月20日(金)がお支払いの期限となります。
●契約約款 e発明塾ご利用にあたり適用される契約約款については、こちらをご参照ください。
●標準学習時間 4~8時間
お願い

上記ボタンから、申し込みページへアクセスできない場合は、
e-hatsumeijuku@techno-producer.comまでお問い合わせください。

関連講座のご紹介

●特許や知財の基礎知識をもっと学びたい方へおすすめの講座

特許基礎
国内外の特許制度、および、特許公報についての基礎知識と基本用語を学びます。
知的財産入門
特許以外の知的財産についても、幅広く学びます。
知的財産入門
特許以外の知的財産についても、幅広く学びます。

●より発展した内容を学びたい方へおすすめの講座

発明提案書のための発明の把握法
研究成果/実験結果から「権利になる」発明を抽出する手法を学びます。
特許権侵害回避
特許権侵害とは何か、どのような行為が特許権侵害にあたるか、および、特許権侵害判断の基礎を学びます。
特許権侵害回避
特許権侵害とは何か、どのような行為が特許権侵害にあたるか、および、特許権侵害判断の基礎を学びます。
e発明塾では、継続的・計画的・戦略的に「発明者を育成」するため、受講者のレベルに合わせた多数の講座を取り揃えております。

TechnoProducer株式会社について

「ダントツの発明力と知財力」で、
事業と経営を強力に支援し、勝利に導く
特許に記された最先端の知をヒントに、新たな技術とビジネスアイデアを生み出し、知財戦略を駆使した「100年続く事業」を創り出せる人材を育成します。
弊社では、発明・知財の教育講座「e発明塾」(eラーニング・動画講座)と、
新規事業立案の支援などの実働支援を行う「企業内発明塾」をご提供しております。


無料メール講座では、ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、週2~3回配信しております。ぜひご登録ください。