このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
050-3786-4941
受付時間:平日9:00~17:00

起業に向けた発明・企画・知財戦略創出支援
起業家向け発明塾™

先読みの特許取得
潰されない事業の足場をつくる

【講座概要】

本サービスは起業の失敗を防ぎ、長期的な事業を創出したい方に向けて、
・事業の足場となる特許の取得に向けた、発明の創出
・資金調達に向けた、企画書の作成
・オープンクローズ戦略など、勝てる知財戦略の構築
に関する「考え方の習得」から「アウトプット」までトータルで支援するプログラムです。

【対象者】
  • 特に40~50代の、起業準備中の方
  • 既に起業しているが、行き詰まっている経営者・事業責任者の方
  • 副業として事業立上げを計画されている方

「アイデア」や「技術力」だけで起業しても失敗する

企業で実績を積み、次のステップとして独立・起業を考えている方も多いようです。

ただ、以下のような失敗例も後をたちません。

①独自のアイデアで事業を立ち上げ、最初は成功したが、大手企業にシェアを奪われる
②独自技術で優れた製品を開発したが、顧客獲得に失敗する

①の例として、格安スマートフォンブランドのFREETELを立ち上げたものの、大手参入による競走激化で民事再生法適用に追い込まれたプラスワン・マーケティングなどが知られています(東京商工リサーチの記事など参照)。
また、②の例として、機能で勝る電子書籍リーダーを開発したものの、アマゾンのKindleに大きな差をつけられたソニーなどが知られています(書籍『ワイドレンズ』など参照)。

上記は企業の失敗事例ですが、資金・リソースの乏しい個人が事業を立ち上げる場合、予め長期的な効力を持つ武器を持っていないと、もっと簡単に潰されてしまいます。

そこで、20年の権利保護期間を持つ特許が、長期的な事業の足場をつくるための強力なツールになります。

本サービスでは、事業テーマの創出から、事業の足場になる特許の取得潰されない長期的な事業企画の創出まで、トータルで参加者を支援します。

ビジネスの基礎など他のサービスで学べる内容は教えず、本丸である発明と事業企画の創出にフォーカスしているので、ビジネス経験を十分に積んだ40~50代のベテランの方に特におすすめのプログラムです。

※弊社の発明・企画に関する考え方は、弊社書籍の『新規事業を量産する知財戦略: 未来を預言するアイデアで市場を独占しよう!』で詳しく解説しているので、まずは情報収集から始めたい、という方はぜひそちらをご覧ください。

「起業家向け発明塾」の特徴

① テーマの「最先端」に効率よく到達

起業においては、
「仲間と盛り上がった」「コンテストで評価された」程度で終わらず、
自身のテーマの「世界最先端」の知見を調べ、超える必要があります。
たとえ「独自の技術」があっても、比較対象となる「最先端」を押さえなければ、技術の本当の強みは見えてきません。

本サービスでは、最先端情報を効率よく見つける独自の手法(「エッジ情報®」探索)について、「考え方」「過去の実践例」を教材として提供し、身につけて頂きます。また、支援メンバーも一緒に調査を行い、海外特許を含む「最先端」に短期間で到達していただきます。


②「最先端」を乗り越え「これならいける」という確信を得るまで掘り下げる

「最先端」を見極めてからは、「そのさらに先」を掘り下げます。
「掘り下げ方」にはいくつかの戦略があり、その考え方を教材で学んだ後、「将来性があり、売れる」「参入して勝てる」「継続的に儲かる」など、多面的な観点から掘り下げ、「スキのない企画」に仕上げます(*)。

「ここまでは誰も考えていない」「これならいける」という確信を得るところまで企画を詰めれば、「強い特許」の取れる発明提案も自ずと仕上がります

また、「自身のアイデア」という「知財」の価値を最大化することは、「知財戦略」を構築することに他なりません。弊社では、クアルコムのオープンクローズ戦略を始めとする優れた知財戦略、米国企業の特許網分析を行っており、参加者には知見の提供と、戦略構築の支援を行います。


③「あらゆるテーマ」の議論に「どこからでも」参加でき、必ず成果が出る

発明塾®」では11年以上にわたり、医療・材料・環境浄化・金融ビジネスモデルなど100以上のテーマで上記の作業をくり返し、投資される発明を出し続けました。また、その経緯を全て記録し、常に振り返り、手法を磨き続けた結果、あらゆるテーマに対応可能な仕組みが構築できました。

仕組みは全て「オンライン」で提供可能であり、どこからでも参加して頂けます。学生向けの「発明塾®」は6年以上前から完全遠隔化しており、企業内発明塾™も遠隔開催が中心になっています。

また、「企業内発明塾™」では、「新規事業創出」「知財戦略構築」においても、テーマを問わず「予算獲得」「事業立上げ」などの成果が100%、例外なく出ています。本サービスにおいても「特許取得」「シード期の資金調達」が可能なレベルの成果が出ることを保証します。
(特許、資金調達はいずれもひとつの手段であり、必須ではありません)

*以下の無料メール講座にて、より詳細な企画の考え方を解説しています。

実施内容

Step1. 「発明塾®」8週間集中パッケージの受講(約2カ月)

まずは個人作業で、基本的な考え方を短期集中で学びます。
教材に添付されたワークシートを活用し、自身のアイデアを掘り下げながら、理解して頂けます。
パッケージに含まれる4講座をそれぞれ1回受講した場合の所要時間は約20時間です。
例えば、週に5時間程度確保すれば、8週間で全講座を2回ずつ受講できる計算になります。
このステップで理解を深めることが、次のステップの飛躍につながります。
2回といわず、何度も繰り返し学ぶことをお勧めします。


※講座内容の詳細は、パッケージの紹介ページ、またはダウンロード資料にてご確認下さい。
※Step1のみの受講(パッケージの単体購入)も歓迎しております


Step2. ワークショップとデータベースを活用し、提案書・企画書を仕上げる

Step1でワークシートにまとめたアイデアを、ワークショップで深掘りします。
(ワークショップ:参加者3名と、支援メンバーを交えたオンライン討議)
ワークショップと並行し、「発明塾®」で作成した「調査レポート」、「セミナー資料」、
「発明提案書」を含むデータベース
を活用し、過去の知見を参照しながら作業を進めて頂けます。
「どのタイミングで、何を参照するか」はノウハウが必要なので、支援メンバーがサポートします。

また、「企画」「発明」は、構成の練られた「フォーマット」を使ってアウトプットすることで進化します。
参加者には、「発明塾®」で実際に繰り返し使われた実績のある「企画書」「発明提案書」フォーマットも提供します。

以上のプロセスを通じ、参加者1人1人に、確実に「成果」を出して頂きます。
より具体的なサービス内容・事例については、ダウンロード資料をご参照下さい。

メンバー紹介

【略歴】
川崎重工、小松製作所を経て、2004年に研究開発ベンチャー「SCIVAX 株式会社」設立、CTO 兼ナノインプリント事業責任者として「ナノテク・バイオ」系の研究シーズの事業化を推進。独自の特許情報分析により、市場調査を進め、顧客を開拓。立案した事業計画にもとづき、投資家より総額20億円以上の資金を得て一部は大手化学メーカーへExit


2008年にTechnoProducer株式会社を設立。
2010年に学生向けの発明研究所として「発明塾」を設立。
世界最大の技術系投資ファンド「Intellectual Ventures LLC」にて、2008年‐2012年の5年間、常に世界Top10にランクされ、毎年表彰を受ける等、世界中の企業を「発明」「特許」の側面で支援し続けている。

楠浦の経歴詳細
楠浦のTwitter
楠浦のNote




【略歴】
東京大学大学院・農学生命科学研究科所属時に「発明塾®」一期生として参加。
2件の発明が賞金獲得。
卒業後、生産設備メーカーで機械設計・開発を行い、社内でも発明提案を多数創出。


2017年より医療機器ベンチャーにて、新規事業立上げを経験し、設計だけでなく製造管理まで幅広く担当。
原理検証~製造方法確立までを短期間で進める厳しさを体験する中で、発明塾式の「企画段階における深掘り」の重要性を再認識する。

2019年よりTechnoProducer株式会社・シニアリサーチャーに就任。
学生向け「発明塾®」の運営、「企業内発明塾™」のサポートを行う。

また、教材として、「インテル」「クアルコム」の戦略を解説した
オープン&クローズド戦略に関するケーススタディ」、
発明塾®」の発明プロセスを詳細に解説した「発明塾事例紹介セミナー」の開発も手掛ける。

畑田の経歴詳細
サービス立ち上げに込めた思い
~ すべての起業家に「必ず結果の出る仕組み」を届けたい ~


弊社では、これまで起業家、および、起業準備中の方から多数のご相談をいただいてまいりましたが、以下のような点で躓かれるケースを、特に多く目にしました。

  •  熱意があって起業したものの、ある程度のリターンが見込める企画が立たないまま、ズルズルと時間だけが過ぎていき、資金調達に行き詰ってしまった
  • ビジネスの知識とスキルは十分身についたので起業したが、元になるアイデアが十分に差別化されておらず、競合他社にすぐにキャッチアップされてしまった
  • 非常にユニークな技術・知見があり起業したが、検証が不十分のため、顧客に提供できる製品・サービスとして仕上げることができず、頓挫してしまった


弊社の楠浦も、過去の起業や新規事業立ち上げにおいて、同様の経験をしており、「何が悪いか」「不安・課題を解消するにはどうすればよいか」を、自らの経験を通じ、理解してきました。

そういった経験をもとに、弊社はこれまで、一部上場企業を中心に40回以上・約300名の方に、新規事業創出支援サービス「企業内発明塾™」を提供してまいりました。

参加者の皆様は、次々に新規事業の企画創出と立ち上げ予算の獲得に成功しておられ、これまで、途中脱落者は1人も出ておりません。

このたび、過去の楠浦と同様に上記のような不安や課題を抱えておられる、起業を目指す個人の方や起業家の支援を幅広く行いたいという想いから企業内発明塾™」で構築した「必ず結果が出る」仕組みを、すべての起業家の方にご利用いただけるサービスにしました。

それが、「起業家向け発明塾」です。

参加する皆様には、支援メンバーと一緒に、起業アイデアの創出と「起業する自信が持てる」企画案を作成いただき、資金調達・起業など、夢の実現に向けた次のステージに「自信をもって」進んでいただきます。

本サービスは現在、第1回目の参加者を募集中です。
第1回の起業家向け発明塾では、弊社代表の楠浦も支援メンバーとして参加します。
皆様と(オンラインで)お会いできるのを楽しみにしております。

※楠浦が起業において経験したより具体的な内容・経験を踏まえたアドバイスは、ダウンロード資料で紹介しております。

参加費用

Step1
完全独習・完全オンラインで「発明塾」のエッセンスを学ぶ「発明塾」8週間集中パッケージの受講
16万3,900円(税込)

受講希望の方は下記のお申込みページよりお手続きください。
個人向け「e発明塾®」8週間集中パッケージ

Step2
起業・新規事業創出に役立つ「セミナー資料」「講義動画」「アドバイス集」「ケーススタディ」「過去の発明・企画資料」、および、「11年500回以上の発明塾の蓄積され、現在でも楠浦が日々追跡調査している情報」を含む「発明塾データベース」の閲覧と、それらをフル活用しての「グループ討議」(サポートメンバーによる指導・支援を含む)
48万円(税込)


受講をご希望の方、詳細にご関心をお持ちの方は、まずは下記のフォームからお問い合わせください。

起業された「発明塾®」OB/OGからのメッセージ
※一部を抜粋してご紹介しています。ダウンロード資料では、より詳細な内容をご覧いただけます

織田 真也さん(スタートアップ経営者、コンサルタント)

発明塾という名称から想像されるのは、いわゆる理系的な、つまりR&D的な
思考方法だという印象を持つ方が多いかもしれませんが、
文系的((経営、投資家対応、マーケティング)等)な分野でも役立ちます。
それは、発明というものが、シーズとニーズの接点を見つけるところに、
その本質があるからです。

ですので、文理両面において、具体的な仕事の場面で役立ったことをご紹介します。

理系の仕事(研究開発の仕事)では、仮説検証の際、イマどんなタイプの仮説検証をしているのか、完全に新規の開発をしているのか、それとも材料変更など、一部改変に過ぎないのか、
それであれば、過去に同様の改変を他の分野で実施されたことが無いのかを、徹底的に調べることで、開発工数および開発時間の劇的な短縮ができました。

また、文系の仕事(経営、投資家対応、マーケティング)では、新規事業の立上げの際に、いま検討している新規事業は、真に新しい取り組みなのか、表面的には新しく見えるが、既に似たようなニーズは別の手段で解決されており(ジョブは解決されている)ブルーオーシャンに見えるのは勘違いであるのか、経営の意思決定の重要な判断材料を提供してくれました。さらに、自分の事業を客観視する姿勢は、投資家とのコミュニケーション、予算取りの際の資料作成にも大いに役立ちました。

発明塾は、経営人材が技術との接点を、技術系人材が市場との接点を見つけるのに、非常に有効かつ即効性のあるツールだと思います。MOTを実践するうえでも、現存する、最も実績のあるアプローチだと感じています。  

追川康之さん (ITスタートアップ COO)

私は大学での基礎研究プロジェクトのマネジメントを行っていました。
物性物理学における新現象が研究対象でしたが、プロジェクトとして、その現象の用途提案を
行うことが求められていました。

既知の現象からの類推で、新現象の用途としてどのような応用可能性があるか、大まかの方向性はわかります。

しかし、既知の現象と比べた際の、新現象の優位性を示すことは容易ではありません。
その優位性は、個々の具体的な用途における細かな設計まで考えなければ、示せないからです。

企業内発明塾を同プロジェクトへ導入することで、可能性のある用途における技術課題を特定し、
その具体的な技術課題の解決として新現象に優位性があるかどうか、検討する方法論を身につけました。
この活動は非常に有用で、それまでに出願されていたコアとなる特許に続く、
優位性が発揮できる用途アイデアの特許を複数作り出すことができました。

現在は大学での研究を続けながら、ベンチャー企業の経営を行っています。
発明塾の方法論は、ベンチャー企業が既存製品との差別化を明確化するためにも有用であり、
発明塾で得た方法論が日々の業務に活かされています

追川康之さん (ITスタートアップ COO)

私は大学での基礎研究プロジェクトのマネジメントを行っていました。
物性物理学における新現象が研究対象でしたが、プロジェクトとして、その現象の用途提案を
行うことが求められていました。

既知の現象からの類推で、新現象の用途としてどのような応用可能性があるか、大まかの方向性はわかります。

しかし、既知の現象と比べた際の、新現象の優位性を示すことは容易ではありません。
その優位性は、個々の具体的な用途における細かな設計まで考えなければ、示せないからです。

企業内発明塾を同プロジェクトへ導入することで、可能性のある用途における技術課題を特定し、
その具体的な技術課題の解決として新現象に優位性があるかどうか、検討する方法論を身につけました。
この活動は非常に有用で、それまでに出願されていたコアとなる特許に続く、
優位性が発揮できる用途アイデアの特許を複数作り出すことができました。

現在は大学での研究を続けながら、ベンチャー企業の経営を行っています。
発明塾の方法論は、ベンチャー企業が既存製品との差別化を明確化するためにも有用であり、
発明塾で得た方法論が日々の業務に活かされています

よくあるご質問
Q.どのていど具体的なアイデアを持っている必要があるのでしょうか?
「どういった分野で起業するか」はご自身で判断することなので、例えば
「医療分野に存在する~の課題を解決したい」
「~の技術を使って発明を仕上げ、起業したい」
くらいの具体性は持った上で参加頂くのが妥当かと思います。
(精緻なアイデアは無くてもターゲットがあれば参加可能です)
Q.参加期間中の拘束時間はどの程度でしょうか?
週に1日は丸ごと発明塾に使う、ていどの時間は確保して頂く必要があります。
それが難しいようであれば、まずは動画講座やe発明塾を1講座受けてみる、といったところから始めることをお勧めします。
Q.起業テーマは「技術」を扱ったものである必要はありますか?
技術・研究と相性の良いサービスであることは間違いないですが、どの分野でも対応可能です。
また、例えばサービス・教育など技術と関りが薄いようなイメージのある分野でも、「最先端」を掘り下げれば「技術」は使うことになる可能性が高いと考えています。
Q.支援者にその技術の経験がない場合でも、新規事業創出を支援できるのでしょうか?
いずれの分野でも、支援が可能です。 弊社が取り組んできた「発明」は、これまでにない技術の組み合わせが求められるため、そもそも専門分野にこだわっていては成果を出すことができません。具体的には、情報探索の技術や、発想法の技術を組み合わせることで、いずれのテーマにおいても新たなアイデアを出し、育てることができます。

実際に、弊社サービスの企業内発明塾では、これまで材料、日用品、IT、医療、環境などあらゆる分野の新規事業創出を支援しており、いずれも事業化や特許出願が進んでいます。

ダウンロード資料の内容

1.弊社紹介/自己紹介
会社概要・メンバーの経歴と共に、起業に関するリアルな体験談も紹介
2.サービスの背景・特徴
サービス立ち上げに込めた想い、
起業家の失敗パターンと解決策の解説
3.サービス内容詳細
パッケージやデータベースに含まれる講座・資料、提供するサービス内容の詳細を説明
4.OB/OGメッセージ
起業・新規事業立上げを経験したOB/OG, 支援メンバーからのメッセージを紹介
4.OB/OGメッセージ
起業・新規事業立上げを経験したOB/OG, 支援メンバーからのメッセージを紹介
資料ダウンロード・お問合せフォーム
※下記フォームに入力後、ダウンロード用のURLをメールにて送付します
※コンサルタント業/講師業をされている方や教育業界関係者/教材開発業をされている方など、同業/競合の方のお申し込みはおことわりする場合がございます。また、お問い合わせにもお答えできない場合があります。あらかじめご了承ください。
弊社書籍の紹介
※弊社の考える新規事業の考え方、つくり方を詳しく解説した書籍です。
これからの時代の新規事業創出に欠かせない知財戦略について、
国内・海外スタートアップの事例も交えて解説しているので、ぜひご活用ください!
(画像をクリックすると商品ページが開きます)

TechnoProducer株式会社について

「ダントツの発明力と知財力」で、
事業と経営を強力に支援し、勝利に導く
特許に記された最先端の知をヒントに、新たな技術とビジネスアイデアを生み出し、知財戦略を駆使した「100年続く事業」を創り出せる人材を育成します。
弊社では、新規事業立案の支援などの実働支援を行う「企業内発明塾™」
オンライン知財・発明教育システム「e発明塾®」(eラーニング)、
いつでもどこでも発明塾セミナーを動画配信でお届けする「発明塾®動画セミナー」
個人の起業を支援する「起業家向け発明塾™」をご提供しております。

「無料メール講座」では、ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、週2~3回配信しております。ぜひご登録ください

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。